大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校「あけぼの学習センター」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る生徒さんを応援します。

大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校「あけぼの学習センター」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る生徒さんを応援します。
大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校「あけぼの学習センター」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る生徒さんを応援します。
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
あけぼの学習センターTEL 0978-32-0123 / 東進衛星予備校・宇佐校TEL 0978-32-5615
大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校「あけぼの学習センター」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る生徒さんを応援します。
あけぼの学習センターTEL 0978-32-0123 / 東進衛星予備校・宇佐校TEL 0978-32-5615

月刊「あけぼの」

  • カテゴリー:月刊「あけぼの」
  • 投稿日:2021年12月01日

2021年12月号の「あけぼの」を発行いたしました。

今月の格言

世界最高のプレーヤーになる

ロサンゼルスエンジェルス 大谷翔平

自ら求め、考え、計画をし、実行する

全米野球記者協会の投票者30人全員が1位票をロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平選手に投じ、満票選出でアメリカンリーグMVPを受賞しました。これは100年以上ある長い歴史で、わずか19人目の快挙となりました。

大谷選手の恩師である花巻東高校の佐々木洋監督は、その偉業に、「世界が認めた。技術や人格、野球の常識を変えた影響力を総合的に評価してもらって、非常にうれしく思う。」と感慨深そうに語っています。高校時代から『世界最高のプレーヤーになる』という目標を持っていたといいます。「メジャーリーグでMVPなど私には想像すらできていなかった。世界最高のプレーヤーになるなど目標が高過ぎる、ぶっ飛んでると思った。でも、目指していたから、彼にとって今回の受賞は必然のことだったのかもしれない。われわれには見えていない景色を彼は見て歩んでいたのだと思う。」と振り返っています。

大谷選手は、学生時代から高い目標を持ち、地道な日々の積み重ねがあったからこそ、今年これまでより数段上の高みにたどり着けたのです。投打の活躍を支えた豊富な練習量も、自分を高めるために、好きで自発的にやっており、苦痛よりむしろ日々成長できる喜びのほうを楽しんでいたのかもしれません。

夢を達成するために、目の前の小さな目標を設定し、日々努力続けることです。それは、地道な鍛錬の繰り返しであり、『自ら求め、自ら考え、自ら計画・実行する』ことでもあります。勉学は心を磨く絶好の機会です。将来、心から打ち込めることに出会い、それを楽しむためにも、徹底的に『努力を続けることができる強い心』に磨きをかけてください。

DECEMBER ENGLISH NEWS

毎回レッスンの中で子どもたちに英語のミッションを出します。たとえば他の教室や職員室の先生たちに私が頼んだ物を借りてくるという課題を出したりします。最初は恥ずかしくてうまく言えなかった子も、何度も回を重ねるごとに、大きな声で、はっきりと自信をもって発音できるようになっていきました。

また、中学生のお兄さん、お姉さんたちと英語で交流をする機会もありました。自己紹介から始まり、今日の気分や好きな色、好きな食べ物など英語だけでお互いにコミュニケーションがとれるまでになっています。確実に成長していっている姿を見ることができ、うれしく感じています(^^)

これまで覚えてきた英語を何度何度も繰り返し練習し、いろんな人たちと交流してもらいたいです。実際に使っていくことで自分たちの英語が他の人に通じていると実感することで、自信を深めていければと思います。  MIKI

 

冬期講習会

中学3年生にとっての冬休みは受験直前のまとまった最後の期間です。冬期講習会では、5教科とも大分県の公立高校入試問題を利用して本番の問題の傾向や時間配分に慣れ、入試本番で高得点が取れるように学習していきます。

過去問対策こそ受験勉強で取り組む最も大切な対策です。それは、受験勉強の目的が志望校の入試問題を解けるようになり、合格を勝ち取ることだからです。過去問対策より前の苦手克服や得意科目の強化は、過去問対策のための準備にすぎません。つまり、過去問対策とは受験勉強をするにあたり、「本番」に最も近い学習といってもよいでしょう。

どのような問題がどのくらいの量で出題されるのか、どのような知識や考え方を求められるのかを確認し、自分の弱点を再度補強したり自分に合った時間配分を調整したりするために行うのが、過去問対策なのです。

志望校合格、そして上位で高校生活をよい形で始められるように有意義に過ごしましょう。

中学1・2年生は苦手教科の生徒が多い、国語・理科・社会を行います。冬休み明けの実力テストで一気に順位を上げよう! 

高校1年生の英語は通期授業で扱わない『比較』、数学は、『データの分析』をします。高校での授業はどんどん進んでいきます。この期間にきちんと先取り及び復習をして、次に備えておきましょう。

授業が終わった後も塾に残り、学校の課題学習や講習の復習の時間に充てましょう。

全国学力テスト

12月中学生全国学力テストを18日(土)に実施します。

中学3年生にとっては、今回が最後の学力テストとなります。高校出願前に自分の力を確認できる最後のテストです。授業でも全国学力テストにむけた対策を行いますが、その後テストまでもう一度見直し、自信を持ってテスト当日をむかえましょう。

中学2年生は、いよいよ受験生となる準備をしていかなければなりません。学校で学習する内容だけでなく、過去に学習した苦手教科・苦手分野の克服にも時間を割く必要があります。3月下旬頃には、今回のデータをもとに三者面談を行い受験に向けた話をしていきます。

また、中学1年生にとっては初めての学力テストです。学校の中間・期末テストに比べて少し難しい問題も多く、レベルの違いに少しとまどうかもしれませんが、入試レベルを知り、高い意識をもって今後の勉強に役立ててもらいたいと思います。

テストは終わってからが大切です。間違った問題のやり直しを必ずして下さい。苦手分野を1つでも克服していきましょう。

全国学力テスト日程 12月18日(土)

中学1年生

13:10

集合

13:20~14:00

英語

14:10~14:50

国語

15:00~15:40

数学

15:50~17:10

理科・社会

 

中学2年生

13:10

集合

13:15~13:20

志望校記入

13:20~14:00

数学

14:10~14:50

英語

15:00~15:40

国語

15:50~17:10

理科・社会

 

中学3年生

12:50

集合

12:55~13:00

志望校記入

13:00~13:50

数学

14:00~14:50

国語

15:00~15:50

英語

16:00~17:20

理科・社会

 

合格体験記 大分大学・工学部合格 板井悠平くん

東進に通っている生徒にとっては当たり前のことなので、東進生の皆さんはよく知っていると思いますが、東進には、日々の『学習量』や『努力量』を可視化してくれる『向上得点』という指標があります。毎日の学習時間や学習内容、そして、1日または1ヶ月で入試何点分の学習をしたかなどを把握でき、自分の努力量を共通テストの点数分として表してくれます。毎週ミーティングの日に発表がある校舎内の向上得点ランキングで、『先週よりどれだけ得点を伸ばせるか』『どれだけ頑張れば上位になれるか』を先生と計画して実行しました。

高校生になってから、勉強してもその努力の成果が目に見えにくいということが、ずっと不安でした。学校の授業の復習や自学をどんなにたくさんしても、毎日の学習がどの程度身になっているのかを実感として得ることがなかなか難しい状態でした。また、なかなか長時間集中力が続かないことも多々ありました。しかし、『向上得点』を強く意識してからはモチベーションを高く維持して学習し続けることができました。

その中で、特に印象深い時期があります。それは高2の3月から高3の5月までの緊急事態宣言期間です。緊急事態宣言が発動された、まさにその日、先生から「この期間、火本一努力する集団になろう』との号令がありました。僕たちは話し合い、校舎別向上得点ランキングで『全国1位』を目標に掲げました。東進の校舎は全国に約1100校あり、過去に100位にも入ったことのない僕たちにとっては高い目標でした。

毎週ミーティングで計画した目標をこなせるように毎日精一杯努力しました。結果として、目標の全国1位にはなれず残念でしたが、それでも全国9位という結果を得ることができ、休校明けの進研記述模試では、過去最高偏差値や順位を取ることができました。努力の量に比例して成績も伸びていることを実感することができ、その後の受験勉強に、より一層努力できました。

どんなにすばらしい授業を受け、どんなに素敵な体験談を聞いても、それを活かせるかどうかは自分次第です。同じ場所で同じ時間を過ごしても差が出てしまうことは同然かもしれません。要は、与えられた環境の中で最大限の成果を出すためにはどうすればよいかをしっかりと考え、最大限の努力をするべきであると思います。僕の場合は、向上得点の活用や周りを巻き込んで勉強することが最も自分が努力できる学習方法でした。これまで周りにかなり甘えてきましたが、これからはできる限り精神的に自立し、魅力的な人間になれように努力を続けていきたいです。

大分大学

★キャンパス:大分県大分市   ★学生数:約5,000名
★特色:基礎的な学力と高い専門性、柔軟な思考力と創造性などの素養を養い、幅広い視野と深い教養、豊かな人間性と高い倫理観などを兼ね備えた人材を育成する。

編集後記

自ら求め、考え、計画し、そして実行しよう

ページトップへ戻る