大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。

大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
  • あけぼの学習センターTEL 0978-32-0123/東進衛星予備校・宇佐校TEL 0978-32-5615/あけぼのイングリッシュセンターTEL 0978-32-0132
大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
サイト内検索
  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズ・小
  • 文字サイズ・中
  • 文字サイズ・大
rss
  • お問い合わせ
  • 交通アクセスのご案内

2020年7月号の「あけぼの」を発行いたしました。

2020年7月1日 カテゴリー : 月刊「あけぼの」

今月の格言

大きなことを夢見よう!
決して途中であきらめてはいけない。
あなたを成功へと駆り立てる
習慣を育てるのだ。

映画監督 スティーブン・スピルバーグ


神様は頑張っている人を見捨てない

新型コロナウイルスの影響により、今年の市総体は例年より1ヶ月余り遅れ、7月中旬に実施されることとなりました。それが終わるといよいよ高校入試と正面から向き合わなくてはならない時期がやってきます。

長期休校の影響で学習の遅れが心配されるところですが、高校入試は通常通り実施されます。

いまだ生活リズムの乱れが戻らず、ゲームやSNSばかりしている生徒たちは、受験だけでなく人生でも成功できないかもしれません。人生って長いようで恐ろしいほど短いのです。もし君が、やる気になって受験勉強を始めたとしましょう。すると、「うわっ、時間が足りない!」「昔の範囲がわかってない!」って自分の実力のなさに気づくことになるでしょう。あせって、あわてて、みっともなく転がって、けれど、何とか頑張っていくことでしょう。

一方で、サボってる人たちって「まだ大丈夫」「高校なんてどこでもいい」って言いながら、頑張っている君を見て笑うかもしれません。けれど、結局成功するのって、そのみっともなく転がっている君のほうで、ある程度の年齢になるとその転がっている君が立派な椅子に座り、君のことを笑っていた人たちが転がることになるわけです。

今君がするべきことはアクションを起こすことです。まず最初の一歩を踏み出すことです。神様は頑張ってる人には、将来必ず素敵なご褒美をくれるはずですよ。


中学生あけぼの夏期講習!

さて、みなさん。今年の夏休みはどんな夏休みになりそうですか?いつもより短い!そうですね。今年は新型コロナウイルスの影響で学校休校が長引き、例年よりかなり短い夏休みになります。その期間学校に通って、3月から5月までの学習の遅れを取り戻さなければなりません。

学校同様、今年のあけぼの学習センターの夏の過ごし方も例年とは異なります。8月は中学生の通常授業を行いません。夏期講習のみを行います。小学生・高校生は通常通りです。

まず、中学3年生は、全員通常授業で5教科を受講していますので3年生の分野に関して心配はしていません。しかし、1・2年生の理科・社会の分野が苦手な生徒が多くみられます。今回の内容は冬に入試対策をするための基礎固めとして、中3の1学期までの総復習をします。

中学1・2年生は、ほとんどの生徒が通常授業で英語・数学を受講してくれていますので新型コロナウイルスの影響も全くなく、学習が進んでいるようです。しかし、授業中にとったアンケートでは、やはり理科・社会が苦手な生徒が多く、遅れが心配されます。そこで、夏期講習では英語・数学・理科・社会を行うことにします。

学校のある週は通常と同じく夕方以降に、夏休み期間と土曜日は午後から行います。自習室は朝から開放していますので学校の課題や自主学習などに利用してください。


大分合同新聞にて高校1年・近藤 奈円さんが紹介されました

高田高校ラグビー部初の女子部員・近藤さん、大分県総体へトライ!

6月23日(火)の大分合同新聞に高田高校1年生の近藤奈円さんの記事が紹介されました。高校合格直後から大学受験に向け東進で勉強を開始。長い学校休校期間もほぼ毎日塾に通い、文武両道を実現しています。

豊後高田市の高田高ラグビー部に女子部員が初めて誕生した。1年の近藤奈円(なおん)さん(15)は一時期競技を離れていたが、昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)を観戦して思いが再燃した。7月12日に湯布院スポーツセンターで開催する県高校総合体育大会(県総体)は新型コロナウイルス感染拡大防止でタッチラグビーとなり、出場できるようになった。現状では最初で最後の公式戦となりそう。大会に向けて練習を積み重ねている。

奈円さんの父保博さん(50)と2人の兄も同高ラグビー部出身。父らが立ち上げたジュニアチームに小3から加入し、基礎技術を磨いた。小6からはバレーボールにも熱中し、中3の引退後にラグビーの練習を再開した。昨年10月に大分市でW杯2試合を家族で観戦。世界最高峰のプレーに憧れた。

高校入学後にラグビー部の門をたたいたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で本格的な練習は延期となっていた。身長158センチ。ポジションはバックスで、今月から男子部員27人と週6日汗を流している。

今冨貴徳監督(48)は「今年の県総体はコンタクトプレーがないので必ず出してあげたい。小学校時代からの経験があるのでハンドリングが上手。ぜひ7人制国体女子県代表のメンバー入りも目標にしてほしい」と期待を寄せる。

「パスが遠くまで通らなかったりと体力面で男子に劣るけれど、スピードを強化したい。W杯でも活躍した福岡堅樹選手のように文武両道を目指す」と奈円さん。「精いっぱいのプレーで、一つでも多くトライできるように協力する」と話した。


AKEBONO ENGLISH NEWS

AKEBONO New English Class

今年も、あっという間に半ばを過ぎてしまいました。子どもたちもコロナ対策をしながらの登塾にも慣れてきたようですが、新型コロナ以前の体制に戻るには程遠いように思えます。

4月半ば~5月末まではオンライン授業に切り替えて行いました。画面越しに皆の元気な姿を見ることができて安心していました。

オンライン授業では、PC、タブレット、スマホなどの電子機器を用いての授業でしたので、みんな初めの頃要領がわからず緊張していましたが、すぐに慣れてきて、大きな声で会話をしたり、先生のあとを繰り返して読んだりできるようになりました。6月からは通常通り、塾の校舎での授業に戻っています。

今年できた新クラスには入学したての新小学1年生3名が毎週元気よく塾にきてくれます。今回は、元気いっぱい、笑顔いっぱいのクラスの様子を載せています。


夏に大きな山越せば、春に大きな花が咲く

いよいよ7月になりました。受験生にとって、ものすごく大事な夏がやってきます。この時期の過ごし方が夏休み、さらにはその先にある志望校対策に大きく影響してきます。

さて、今回は受験生が夏までの間を「どのように過ごすべきか」について考えていきます。

「受験生」が夏までにすべきこと

まず受験生が意識すべきことは、入試で必要な全科目の基礎力完成です。苦手分野を残したまま夏を迎えるのは非常に危険です。まず志望校合格までの戦略を立てましょう。具体的には、夏までにセンター試験の過去問と来年度入試から導入される英語のリーディング、リスニング対策を終えている必要があります。すでに実行している人は、順調に進んでいるかチェックし、遅れているようであれば、夏になる前に軌道修正しておきましょう。そのために、6月に受験した進研マーク模試や東進全国統一高校生テストで現在の自分の実力(弱点)を確認し、夏休みに自分がしなければならないことを確かめておきましょう。苦手科目は東進の夏期講習講座を利用するようにしてください。

最高の夏休みを過ごすためには毎日の「習慣化」が必要

夏まですべきことが明らかになったら、それらを1ヵ月、1週間、1日単位まで具体的に落とし込んでスケジュール化していきましょう!

夏休みになると自分で毎日のスケジュールを組み立てて勉強しなければなりません。そのため、夏になってからではなく、夏前に学習習慣が身につけば、スケジュール通りに受験勉強を進めることができます。まだ学習習慣がついてない生徒、受験勉強に身が入らない生徒は少ないとは思いますが、とにかく塾に来て、自習室の机に向かい、勉強を始めてみましょう。人間の脳は、何かをやり始めることで刺激され、活動を始めます。つまり、何も始めなければやる気が起きないのは当然のことなのです。最初は「やる気が出ない」と思っていても、勉強を始めると脳が刺激され、だんだん調子がでてきて集中力が増してきます。

最高の日々の勉強法は皆さんが3月から5月にこなしたスタイルです。「放課後毎日(休日は朝9時から)塾に登校→受講・高速基礎マスター→自習・課題・復習→夜10時に下校」です。習慣づけるためには、とにかく毎日決まった時間に勉強を行うことが大切なのです。すると脳が「この時間は勉強するんだな」と予測してくれるようになるため、スムーズな受験生活を過ごすことができます。

そして、何より塾には自分と同じく目標に向かって勉強をしている仲間達がいます。相談できる先生達がいます。学習できる環境があります。夏に大きく飛躍できるか否かは自分の心ひとつです。

もうすぐ梅雨が終わり、暑い夏がやってきます!受験生にとって夏は天王山です。来年の春にみんなで満開の花を咲かせましょう!


編集後記

夏が終わったとき、センター過去問演習が終わっていれば順調!


大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。
このページの最上部へ戻る