大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。

大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
  • あけぼの学習センターTEL 0978-32-0123/東進衛星予備校・宇佐校TEL 0978-32-5615/あけぼのイングリッシュセンターTEL 0978-32-0132
大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
サイト内検索
  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズ・小
  • 文字サイズ・中
  • 文字サイズ・大
rss
  • お問い合わせ
  • 交通アクセスのご案内

平成30年12月号の「あけぼの」を発行いたしました。

2018年12月1日 カテゴリー : 月刊「あけぼの」

今月の格言

独立の精神なき者は、
つねに他人をあてにする。
他人をあてにする者は、
必ず他人の態度を気にする。
他人を気にする者は、
必ず他人にお世辞を使う。

慶應義塾大学創設者 福沢諭吉

子どもは「競争する生き物」

脳科学によれば、子どもは競争したがる気持ちを、本能的に備えているそうです。確かに、子どもが好きなゲームやスポーツは競争で成り立っています。相手に勝てず、どうしたらいいか悩み工夫し、再び挑戦することは、子どもを成長させる重要な要素です。それを私も経験からよく理解しています。

私たちは、あけぼの学習センターが、子どもたち自身で互いに刺激し合えるような場であるように常に心がけていますし、また、学習する場とは、そういった場でなければならないとも考えています。お互いがお互いに持つライバル意識で、切磋琢磨するのです。そんなライバルとの高め合いを、クラスや学校などの狭い範囲でなく、日本という全国レベルで行ってほしい。全国のライバルたちの中で、現在の自分の実力を正しく知ってほしい。そうした思いで、中学生には年に3回「全国学力テスト」を、そして高校生には2ヵ月毎に「センター試験本番レベル模試」などを定期的に受験してもらっています。

普段学校の定期テストしか受けていない子どもたちも全国同学年の中での自分の順位や、まだ見ぬライバルの存在を知り、ワクワクしたり気を引き締めたりしているに違いありません。多くの子どもたちが自分の力を知り、広い世界のライバルに負けぬよう、更なる高みを目指すでしょう。

全国のライバルたちと、競い合い高め合うことで、子どもたちはその能力を思う存分発揮してほしいと思います。このようないい意味での「競争心」を育てていきたいと私たちは考えています。

冬期講習のお知らせ

12月25日(火)~30日(日)、1月4日(金)、5日(土)の8日間に冬期講習を行います。申込書及び日程は別紙にて同封しています。中3生は受講必須ですので申込書提出の必要はありません。何らかの理由で受講できない方は保護者からその旨をお伝えください。

中学3年生

中学3年生は原則全員受講となります。冬休みは受験直前の最後のまとまった時です。冬期講習では、5教科とも大分県の公立高校入試問題を利用して受験レベルの問題を数多くこなしていきます。過去問を解かずに受験してもうまくはいきません。この講習で3月に受験する問題の傾向やレベルを体感し、1月、2月でギャップを埋められるように対策を練りましょう。

冬期講習の期間は通常の夜の授業はありませんので、冬期講習に全力で取り組めます。志望校合格のために残り数ヶ月頑張りましょう。

中学2年生

中学2年生は英語・数学2教科を行います。

数ヵ月後には受験学年になりますが、まだまだ勉強に身が入っていない生徒も多いようです。今のうちに苦手教科の復習に取り組み、少しでも克服できるように努めましょう。

中学1年生

中学1年生は希望の多かった理科・社会の2教科を行います。2年生と同様に冬休みを無駄に過ごさなくて良いようにしましょう。午前中に講習時間を設定しています。活動的に、そして有意義な時間を過ごしましょう。

高校1年生

高校1年生の英語は、『関係詞(関係代名詞、関係副詞、複合関係詞)』、数学はⅡB分野の『式と証明』をします。高校での授業はどんどん進んでいき、もっと難しくなっていきます。冬休みの間にしっかりと先取り及び復習して、次に備えましょう。

※冬期講習費用は1月の通常授業の料金と一緒に引き落としをさせていただきます。

全国学力テスト実施

12月15日(土)に12月学力テストを行います。対象学年は中学全学年です。下記の日程で行いますので確認してください。

中学3年生にとっては、今回が最後の学力テストとなります。公立高校出願前に自分の力を確認できる最後のテストとなります。自信を持って第一志望校に出願できるようにきちんと対策をして試験に臨みましょう。

中学2年生は、いよいよ受験生となる準備をしなければなりません。苦手教科・苦手分野をより意識して勉強していかなければなりません。3月下旬頃には、データをもとに面談(二者または三者)をしながら個人個人に話をする予定です。

また、中学1年生にとっては初めての学力テストです。学校の中間・期末に比べてレベルの違いに少しとまどうかもしれませんが、入試レベルを知り、高い意識をもって今後の勉強に役立ててもらいたいと思います。

テストは終わってからが大切です。間違った問題のやり直しを必ずして下さい。苦手分野を1つでも克服していきましょう。


12月全国学力テスト日程 12月16日(土)

中学1年生

13:50

集合

14:00~14:40

英語

14:50~15:30

国語

15:40~16:20

数学

16:30~17:50
        (17:30)

理科・社会


中学2年生

13:50

集合

13:55~14:00

志望校記入

14:00~14:40

数学

14:50~15:30

英語

15:40~16:20

国語

16:30~17:50
        (17:30)

理科・社会


中学3年生

8:30

集合

8:35~8:40

志望校記入

8:40~9:30

数学

9:40~10:30

国語

10:40~11:30

英語

11:40~13:00
        (12:40)

理科・社会


AKEBONO ENGLISH NEWS

Happy Halloween!!

Happy Halloween!!

10月30日(火)にHalloween Partyを行いました。今年は門前広場でピニャータ割りをしました。“ピニャータ”とは紙製のくす玉の中にお菓子などを詰めて、高いところから吊り下げ、それを子どもたちが棒で叩いて割ります。割れたら中に詰めておいたお菓子が散らばるので、拾ってお菓子をGet!パーティーなどでよく行われています。初挑戦だったので、職員で予行練習をした時はなかなか割れず、時間がかかるかな?と思っていたら…あっという間でした。子どもたちのやる気が凄かったです!(笑)日々のストレスを発散させたのでしょうか(笑)とても楽しんでくれたので、良かったです♪

それから、お店(ファミリーマート、四日市フォト、安部会長)周り開始です。恥ずかしがらずに“Trick or Treat?”と言えていました。たくさんお菓子を貰えて皆嬉しそうでした♪子どもたちには伝えてなかったのですが、今回はお店の方やお手伝いの高校生、職員でコスチューム大賞を投票で選びました。1~3位まであり、別に大きなお菓子をプレゼント♪

少し肌寒かったですが、無事に終わり皆も楽しんでくれていたので、とても嬉しいです。たくさんの参加ありがとうございました!また来年も可愛い・怖い衣装楽しみにしています☆

AKEBONO X’mas Party 2018!

【日時】12月22日 土曜日15:00 ~ 16:30 (14:40より受付開始)
【場所】あけぼの学習センター
【対象】未就学児 ~ 小学6年生

今年もあけぼのクリスマスパーティーを行います♪内容はまだ秘密だよ☆プレゼント交換を行うので、1人1つ500円程度のプレゼントの用意をお願いします。中身が見えないように包装して来て下さい。詳細はまたお知らせします!

高3生・センター本番で効果を発揮する残り1ケ月間の対策ポイント!

時間内に解く練習を重ねて感覚を体に覚えこませる!

試験中、小問を解答するたびに時計を見て経過時間を確認するようでは、集中力も切れ切れになります。そこで、過去問や予想問題を使って制限時間内に全問を解く練習を繰り返し、時間の感覚を体に覚え込ませることが大切になります。本番で試験時間戦略を活かせるかどうかは、この練習をどれだけこなすかにかかっています。

解答用紙や計算スペースも本番と同条件で練習する!

実戦演習時は、なるべくマークシートを使い、計算などの解答作業をするスペースも本番と同様にしましょう。マークする時間も試験時間に含まれるわけですし、数学などでは問題冊子の余白に合わせて計算や図を書くことに慣れていないと、書くスペースが不足して解答ペースを乱したりします。ふだんノートで演習している人は要注意!

ど忘れを未然に防ぐために覚えたはずの知識も再確認

本番の解答時に、確実に知らない知識はともかく、覚えたはずの知識がでてこないと、なんとか思い出そうと粘って相当な時間を浪費したりします。本番でのど忘れを防ぎ、解答に必要な知識を頭から素早く取り出せるようにするためにも、知識事項は再確認しておきましょう。「覚えたはず」と放っておくのは、何よりも後悔のもとになります。

問題演習でも本番と同様に計算は手を抜かずにやる!

数学などの問題演習で、解答の道筋が見えた時点で計算を省略したり、手抜きをしたりする人もいます。しかし、より速く正確な計算力の養成は、時間配分成功のカギを握る重要な課題です。手を抜いて計算の感覚を鈍らせると、計算スピードは落ちるしミスだって多くなります。問題にあたるときは、本番同様に計算も手を抜かずに取り組みましょう。

必要な情報を書き出して思考をスピードアップ!

試験中は、解答に必要な情報を頭の中だけで考えても、混乱しやすく、ひらめきにくいものです。そこで、多くの情報処理を行う思考型問題では、解法や公式を書き出したり、本文・設問・選択肢の重要点・キーワードに印を付けたりしてから考えましょう。思考が整理され、解答スピードも上がります。

読解問題は本文を読む前に設問に目を通しておく!

英語・国語の読解問題では、本文を読む(音声を聴く)前に設問文に目を通しておきましょう。何が問われるのか事前に把握することで、どんな内容を拾うべきか意識しながら本文を読み進める(音声を聴く)ことができ、解答の根拠をより早く見つけられます。

編集後記

未来に活かせる努力を精一杯しよう



大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。
このページの最上部へ戻る