大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。

大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
  • あけぼの学習センターTEL 0978-32-0123/東進衛星予備校・宇佐校TEL 0978-32-5615/あけぼのイングリッシュセンターTEL 0978-32-0132
大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
サイト内検索
  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズ・小
  • 文字サイズ・中
  • 文字サイズ・大
rss
  • お問い合わせ
  • 交通アクセスのご案内

平成30年11月号の「あけぼの」を発行いたしました。

2018年11月1日 カテゴリー : 月刊「あけぼの」

今月の格言

人間は目標を追い求める生き物だ。
目標に向かい努力することによってのみ
人生が意味あるものとなる。

古代ギリシャの哲学者 アリストテレス

親元にいる間に自立できるか、できないか

いま親として、してやれることは何なのでしょうか。「いい成績→いい学校→いい就職先→幸せ」という、ひと昔前に言われたようなことは、今の中学生や高校生はほとんど聞く耳をもちません。

私たちは子ども達に、「世間で言ういい就職先に就いて欲しい」とだけ考えて言っているのではありません。せめて、選びたい時に選べる状況をつくってあげたいと思っています。近い将来勉強の大切さに気付き、自ら努力するようになるかもしれません。やる気を出した時の人間のパワーはすごいものがあります。

その力を何とか引き出させてやりたい。親元にいる間に「自立」できるか、できないか。この差は想像以上に大きいし、今後のお子さんの人生にも大きく影響してきます。

いまの社会では、どんな人材が求められているのでしょうか?それは、自分で考え行動できる力をもった「自立型人間」です。ご存じのように、日本の終身雇用制度はとっくに崩壊しています。「一度就職すれば、あとはその会社でずっと面倒を見てもらえる!」なんていうことはもはや昔話。いまはどんな業界でも、基本は実力主義に移行しています。実力がなければ切り捨てられてしまうのです!

子どもたちは皆近い将来必ず社会に出ていき、働き始めます。会社で必要とされていることを自ら察知し、誰に言われなくてもそれを行動に変えていく力が必要となってきます。また、自ら問題点を発見し、それを解決する能力に長けている自立型人間は、どの職場でも高い評価を受けることでしょう。ですから社会に出るための準備期間として与えられた高校生までの「学生時代」は自立の精神を育くんでいく貴重な時期となるのです。

大分県立高校入試 入学定員と日程

先日、平成31年度大分県立高等学校の入学定員と主な日程が発表されました。宇佐市と宇佐市近郊の高校では宇佐産業高校に定員の変更がありました。すべての学科の定員が40名から35名に変更し、合計で20名の減少となりました。

中学3年生は入試まで残り4ヶ月となりました。理想は2学期が終わるまでに、各科目とも全範囲を終わらせておくことです。そして、最も大切なことは、冬休みの過ごし方です。冬期講習では大分県の入試問題を数年解いていき、入試問題を知ってもらいます。午後からの時間を利用して復習や苦手分野克服にあてましょう。3学期に入ると残された時間はそんなにありません。知識の確認や勉強してきたことの最終確認をする期間にあてなければなりません。『いつどの分野をやり、いつまでに終わらせるのか』を明確にし、計画的に勉強していきましょう。これからは自分自身との戦いになります。強い気持ちを持って勉強に取り組んで下さい。

中学2年生もそろそろ高校入試を意識して勉強をしていかなければいけません。基本は英語・数学を中心とした勉強ですが、国語の勉強もする必要があります。毎年国語ができない生徒が多くいます。国語はすべての教科の要ともいえる重要な教科です。部活との両立は大変だと思いますが、新人戦が終わってから国語クラスを受講し始めた先輩たちも多くいます。そういう生徒の大部分は、3年生になる頃には学力が急激に飛躍していく傾向にあります。今後を見据えた勉強をしていきましょう。

中学1年生は英語・数学の土台をしっかり固めていくことと、毎日勉強をする癖を身につけましょう。物事を論理的に考えていけるようにしましょう。

平成31年度大分県立高等学校入学者選抜の主な日程

項 目

日程(平成31年)

推薦入学者の出願期間

1月22日(火)~1月25日(金)

推薦入学者の試験日

2月4日(月)・5日(火)

推薦入学者の合格内定通知

2月5日(火)・6日(水)

第一次入学者人員発表日

2月6日(水)

第一次入学者の出願期間

2月8日(金)~2月15日(金)

第一次入学者の志願変更期間

2月18日(月)~2月21日(木)

第一次入学者の試験日

3月5日(火)・6日(水)

第一次入学者の合格発表日

3月8日(金)

第二次入学者実施校等の発表日

第二次入学者の出願期間

3月11日(月)~13日(水)

第二次入学者の試験日

3月14日(木)

第二次入学者の合格発表日

3月15日(金)


平成31年度大分県立高等学校定員

学校

学科

学級数

入学定員

合計

中津南

普通

5

200

200

中津北

普通

4

160

160

中津東

機械

1

40

240

電気

1

40

土木

1

40

生産システム

1

40

ビジネス会計

1

40

ビジネス情報

1

40

宇佐

普通

4

160

160

宇佐産業

グリーン環境

1

35

140

電子機械

1

35

ビジネス管理

1

35

生活デザイン

1

35

安心院

普通

2

80

80

高田

普通

4

160

160


知りたい!偉人図鑑「杉原 千畝(すぎはら ちうね)」 ~6,000人のユダヤ人を救った~

命をかけてビザを発行し続けた

杉原千畝(ちうね)は、「日本のシンドラー」と呼ばれています。シンドラーは、第二次世界大戦中に、多くのユダヤ人を虐殺の危機から救った実業家。リトアニアの総領事館代理であった千畝も、ユダヤ人に日本通過のビザを発行し、ヨーロッパから逃れさせることで、多くの命を救いました。

千畝は、外交官としてヨーロッパ各国を渡り歩きます。そんな中、第二次世界大戦が勃発。戦乱の中で、千畝はソ連などの動きを探って日本に報告する、諜報員の役目も担っていました。

1940年7月。何百人ものユダヤ人難民が、一斉に、千畝のいるリトアニア領事館に押しかけてきました。ナチス・ドイツが勢力を拡大する中、その迫害から逃れるために、日本を通過するビザを求めてきたのです。千畝は一度、外務省に連絡して許可を求めましたが、日本はドイツと同盟関係にあったため、却下。しかし、「ここで自分がビザを出さなければ、この人たちは殺されてしまう」と思い、規則を破ってビザを発行。外務省からベルリンへの異動を命じられ、リトアニアを去るまでの約1か月間、連日、手が痛くなるまでビザを書き続けました。そのビザのおかげで約6000人ものユダヤ人が命を救われました。

センター試験の超!基礎知識Q&A

Q1、センター試験を受験しないと国公立大学の一般入試は受験できない。
A1、国公立大学の一般入試は、センター試験と各大学の個別試験で総合的に判断する仕組みとなっているので○。

Q2、私立大学志願者にはセンター試験は無縁である。
A2、センター試験を利用して合否を決定する私立大学が年々増加傾向にある。現在は4年制私立大学の約90%がセンター試験を利用している。答えは×。

Q3、センター試験に応用力を試す問題は多い。
A3、センター試験は高校の基礎的学習の達成を判定する目的で行われるため、基本的に難問奇問の出題はない。しかし単純な知識を問うものは少なく、論理的思考力、判断力、考察力、読解力などを正しく評価ができるようにしっかり工夫されているので○。

Q4、センター試験の解答方式は高校入試と同じく原則記述式である。
A4、センター試験の設問は選択肢から正解を選び解答用紙の番号を塗りつぶすマークシート方式になっているので×。

Q5、センター試験の結果は二次試験出願期間最終日までには大学入試センターから自宅に送られてくる。
A5、センター試験の結果は二次試験出願期間中に知ることはできないので×。問題用紙に自分の答えを記入しておき、自分で採点を行わなければならない。国公立大学では、自己採点と実際の結果に大きな差があると命取りになるので気をつけなければならない。なお、出願時に「成績開示」を希望し、検定料とともに手数料800円を支払えば、5月頃センター試験の成績通知書を受け取ることができる。

大学合格体験記

H30年安心院高校卒 宮丸結衣さん 関西大学外国語学部外国語学科合格!

受験を終え振り返ると、私をここまで頑張らせてくれた原動力に気付くことができました。それは、「はっきりとしたゴールがあった」ことです。私は外国語学部に進学し、語学力をさらにアップさせ、出来れば英語だけでなくいろんな言語を覚え、大学在学中にいろんな国を自分の目で見て周りたいと考えています。

高校に入学したころは、特別行きたい大学や学部、まして将来の夢など全くありませんでした。真剣に考えたことすらなかったと思います。学校から与えられた課題をこなすことが唯一の勉強だったのです。しかし、「外国語学部に進み、留学したい」という明確な目標を決めてからは、自分の中で何かが変わるのを感じました。意欲的に学習に取り組むようになり、どうすれば成績が伸びるのか、を常に考えるようになりました。実際その頃から、英語だけでなく、いろんな教科で成績も伸びていきました。高2の秋には志望大学もはっきりと見えるようになりました。

当時の私には遥かに遠く、手の届かないところにその大学はありましたが、合格を信じ、精一杯努力しました。

受験勉強で得られたことのひとつは『チャレンジすること』です。無謀だと思うことでも、チャレンジしてみることが大切なことだと感じています。チャレンジしてみないとわからないこともあると思います。チャレンジしてみないと得られないものもあります。

みなさんには早く明確な目標を決め、最後まで自分にチャレンジし続けてもらいたいと思っています。

編集後記

目標を持って行動しよう




大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。
このページの最上部へ戻る