大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。

大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
  • あけぼの学習センターTEL 0978-32-0123/東進衛星予備校・宇佐校TEL 0978-32-5615/あけぼのイングリッシュセンターTEL 0978-32-0132
大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
サイト内検索
  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズ・小
  • 文字サイズ・中
  • 文字サイズ・大
rss
  • お問い合わせ
  • 交通アクセスのご案内

平成30年8月号の「あけぼの」を発行いたしました。

2018年8月1日 カテゴリー : 月刊「あけぼの」

今月の格言

強くならないと見えない景色もあると思うので
そこに立てるように頑張りたい

プロ将棋棋士 藤井聡太

「探求心」「好奇心」を大切に

藤井聡太棋士が15歳9か月という史上最年少で七段に昇段しました。今年2月1日に五段、同月17日に六段、5月18日に七段と驚異的なスピードで駆け上がり、加藤一二三氏の記録17歳3か月を61年ぶりに塗り替えました。

藤井少年が将棋に出会ったのは5歳のとき。その翌年の誕生日カードには『おおきくなったら しょうぎのめいじんになりたいです』と書かれ、奨励会に入会した小学4年生のときに書いた将来の夢が『名人をこす』。子どもの頃でも自分が情けない負け方をしたと思ったときは、「泣く、なんてもんじゃなかったですね。吠える、というか。その状態になると、周囲がどうなぐさめても止まらない」と、師匠の杉本昌隆七段も認めるほどの負けず嫌いです。

「偶然だけど、好きなことにめぐり合えたのが大きかったと思います」と母の裕子さんが、新聞のインタビューで語っています。そして七段に昇段してからのインタビューで、藤井聡太棋士はこう話をしています。「将棋に対しての探究心、好奇心は、将棋を始めた頃から感じていたことなので、この気持ちは忘れずに大切にしていきたいなと思っています」

彼は特別な少年だったのでしょうか。私はそうは思いません。どんな子どもにも大いなる可能性が眠り、好きなことにめぐり会うことでその芽が息吹き、夢を持つことで花開いていきます。夢はひとつでもたくさんでも、小さくても大きくてもいいのです。大切なのは夢の実現に向け、自ら努力を続けること。藤井聡太七段は改めて、そのことを教えてくれたと思います。

中学生全国学力テスト ~8月25日~

結果を求める8月

8月25日(土)に中学2・3年生対象『全国学力テスト』を実施します。

3年生は、部活もひと段落し、高校入試にむけて準備がすすんでいるでしょうか?前回実施の4月テストから約4ヶ月経ちます。ほとんどの生徒が4月から5教科を受講しています。また、夏期講習では全教科ここまでの範囲の総復習を行います。結果がそろそろ出てくる時期だと思います。

また、2年生は今回から初めて志望校判定が出ます。まだはっきりと志望校が決まっていない生徒もいると思いますが、現在の自分の位置をしっかり把握し、今すぐ前に踏み出してください。良い状態で新学期を迎えられるようにしましょう。

中学2年生

8:50

集合

8:55~9:00

志望校記入

9:00~9:40

数学

9:50~10:30

英語

10:40~11:20

国語

11:30~12:50
(12:30)

理科・社会


中学3年生

8:30

集合

8:35~8:40

志望校記入

8:40~9:30

数学

9:40~10:30

国語

10:40~11:30

英語

11:40~13:00
(12:40)

理科・社会

 

夢を見つけ夢を育む指導

『志作文』という言葉をご存知でしょうか。インターネットで検索すると、メジャーリーグのイチロー、サッカー日本代表の本田圭佑らが少年時代に書いた作文を見ることができます。将来の夢を数字を交えて具体的に設定するだけでなく、応援してくれる両親らへの感謝の気持ちをつづっています。

『あけぼの学習センター・東進衛星予備校宇佐校』では高校生の指導の第一段階として『高い志と大きな夢』をイメージさせることから始めます。春の合宿で心の奥底にある『漠然とした思い』を文章にしてもらい、その後、卒業するまで何度も加筆修正していきます。

自分の考えを文章にし、繰り返し見つめなおすことで、「何のために勉強するのか?」「将来自分は社会に出て何をすべきか?」といった自分の夢が明確に見えてきます。夢に向かって努力するということは、自ら求め、考え、勉強する、ということです。

このプログラムは東進の特徴の1つであり、他の教育機関にはないものとなっています。

しかし、「この作文を書く意味はあるのだろうか」「塾では勉強するだけでいいのではないか」「この作文は難しくて書けないのではないか」と思う人がいるかもしれません。確かにこの課題はとても難しく感じるかもしれません。けれども、夢・志について

高校1、2年生の間に考えておくことはとても大切なことなのです。なぜなら第一志望校に合格することは、皆さんが夢・志を実現するための中間目標だからです。第一志望校に合格することが最終目標ではありません。そのため、第一志望校に合格した後に何をやりたいのかを考えておく必要があります。第一志望校が決まってない人は夢・志から逆算して第一志望校を決めることだってできます。また高校3年生になってからは受験勉強で一段と忙しくなるため、時間が比較的ある高校1・2年生のうちにじっくり時間をとって考えておく必要があるのです。
さらに、この作文では社会・世界との関わり方も考えます。夢・志というのは自分軸だけでなく、社会・世界軸で考えることがとても重要です。なぜなら、時代に沿って社会・世界は変容し、それに合わせて存在する職業、求められる能力等が異なるからです。極端な例ですが、昭和時代にユーチューバーになりたいと目指しても、ユーチューブは2005年に創立されたため、なることはできません。そのため、視野を広く自分の夢・志を考えるためにこの課題についても考えてもらっています。そして、夢・志が明確かつ具体的な人ほどモチベーションを高く維持して勉強に取り組むことができます。よって結果的に、一見受験勉強に関係なさそうに思える夢・志作文は受験勉強に非常に大きなプラスの影響を与えます。結果として、学力は伸び、志望大学に合格することができるでしょう。

一番大切なことは、立ち止まって自分の夢・志について自分自身で沢山悩んで考えることです。

Thank you for coming to Akebono Tanabata Festival !

7月17日(火)にあけぼの七夕祭りを、あけぼのビル3階で開催しました。今回はあけぼの生とその兄弟・姉妹限定にもかかわらず、可愛い浴衣、甚平を着た多くの子どもたちで会場は大盛況でした!!(浴衣・甚平を着用の生徒はオマケ付き!)

今年の七夕祭りは昨年に引き続きコンセプトは「お祭り!」ということで、出店形式で4つ食べ物屋さんと、3つのゲーム屋さんを出店しました。食べ物屋では昨年人気ナンバー1だったフランクフルトが今年も人気だろうと予想していたら、今年の1番人気は初出店の焼きそばでした!ひとりで2個食べてる生徒もいるくらい評判でした❤ゲーム屋は今年、ガチャポンとクレーンゲームが増えて長蛇の列ができるほどの大人気でした!

子どもたちも券をどのように使おうか悩んだり、ゲームを楽しそうにしていたりして、私たちも嬉しく思いました。幼い弟・妹がいる子はしっかりお世話していましたよ!!また来年の七夕祭りもよりよいものにしていきます!暑い中、たくさんの参加ありがとうございました。また、お手伝いをしてくださった保護者と高校生の皆さん大変お世話になりました。おかげで今年も素敵なあけぼの七夕祭りを開催することができました。今回の七夕祭りの様子を『あけぼのLINE』に載せています。まだ登録がお済でない方は『お友達登録』をお願いします☆

 

東進の夢を実現するための教育メソッド

勉強する目的を正しくつかんでこそ、自ら学習する意欲が生まれます。受験校の合格は夢実現への過程の一つであり、目的ではありません。その先に人生は長く、長く続いていきます。

「自立」「夢現」「共創」の3つの観点から「勉強する目的」を考える、それが東進衛星予備校の教育メソッドです。

東進衛星予備校宇佐校では、勉強を通じての学力の向上にとどまらず、「自立した人間」を育てることを目標としています。「自立した人間」とは、すなわち、自ら目標をかかげる「目標設定能力」、やるべきこととそれ以外を分別できる「自己管理能力」、どんな困難も乗り越える「問題解決能力」の3つの力をあわせ持った人間のことです。直近の大学受験はもちろん、この先の長い人生において、より良い人生を送るためには「自立した人間であること」は欠かすことができません。

私たちはこの3つのステップを1年サイクル、2ヶ月サイクル、そして一つひとつの授業、模試、講座単位で、繰り返し回していくことで、目標を達成し、「自立」を育んでいきます。

高速学習

集中速習×1.5倍速受講

東進の「高速学習」なら、一人ひとりの予定に合わせて、時間割を設定。部活生も遅い時間から授業が受けられ、土日にまとめて受講もできます。さらに家のパソコンからも授業を受けることができるので、やる気次第で毎日受講だって可能。

理解に応じてどんどん先取りしたり、繰り返し受講で苦手分野を克服したりと自由自在!

また東進の授業は、1.5倍のスピードで受講することもできます。90分の授業を1.5倍速で受講すれば約60分で終了。授業時間が短縮でき、重要なところで映像を止めて板書を写したり、もう一度聞き直すこともできます。

スモールステップ・パーフェクトマスター

自分に合ったレベルからスタートし、ひとつひとつ着実にステップアップする。スポーツも勉強も、上達の秘訣は同じです。東進は高校入門から超東大までの12段階から自分に合ったレベルを選ぶことが可能です。「簡単すぎる」「難しすぎる」といった無駄がなく、志望校へ最短距離で進みます。

さらに、授業後すぐに授業内容のテストを行い、内容が身についたかを確認。合格してから次の授業に進むので、わからない部分を残すことはありません。短期集中で徹底理解を繰り返し、学力を高めます。

編集後記

受験勉強を通じて「知性」と「こころ」を育てよう。


大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。
このページの最上部へ戻る