大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。

大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
  • あけぼの学習センターTEL 0978-32-0123/東進衛星予備校・宇佐校TEL 0978-32-5615/あけぼのイングリッシュセンターTEL 0978-32-0132
大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
サイト内検索
  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズ・小
  • 文字サイズ・中
  • 文字サイズ・大
rss
  • お問い合わせ
  • 交通アクセスのご案内

平成30年4月号の「あけぼの」を発行いたしました。

2018年4月1日 カテゴリー : 月刊「あけぼの」

今月の格言

「王者になる」
まずそうして口に出して
自分の言葉にガーッと
追いつけばいい

フィギュアスケート選手 羽生結弦

負けず嫌いであれ!

平昌オリンピックは、冬季史上最多13個のメダルを獲得し、幕を閉じました。主将の小平奈緒選手をはじめ、日本代表選手団のみなさんには心から「おつかれさま」と申し上げたい。

選手たちの活躍はどれもすばらしいものでしたが、その中でもひときわ世界中から注目を集めた一人が、羽生結弦選手だったことは言うまでもないでしょう。66年ぶりにオリンピック連覇を達成したパフォーマンスは圧巻でしたが、その後、痛み止めを服用していたことを知り、驚愕へと変わりました。

羽生選手は負傷した右足首以外にも、喘息が持病であることが知られています。4年前のソチ大会後に開催された小中学生向けイベントに、ビデオメッセージを送った羽生選手は、喘息というハンディがありながら、「だったら、その(喘息の)つらさと戦える強さをもらえると思うんです。精神的なものだとか。だからそういうふうに、いつかたぶん考えられる日が来ると思うんです」と語っていました。表彰台の中央に再び立ったあのとき、確かに「その日」は来たのではないでしょうか。

そのビデオメッセージで、子どもたちに向けた色紙に彼が書いた言葉が「負けず嫌いであれ!」。勝負に負けることを嫌うのはもちろん、己の弱さに負けることを嫌う強い心を持つこと。羽生選手の不撓不屈(ふとうふくつ)の精神は、世界中の子どもたちに大いなる勇気を与えたに違いありません。

あけぼの生、全員!高校合格おめでとう!

宇佐高校12名/中津南高校1名/中津東高校1名/宇佐産業科学高校3名/大分工業高校1名/東九州龍谷高校(特進コース)1名

新高校1年生たちは、去年の部活終了後から志望高校合格に向けて本格的な学習をスタートし、夏休みの夏期講習、冬休みの冬期講習を通して学習を深めてきました。さらに、1月から入試に向けた「パワーアップクラス」での特訓や、高校入試に向けた学習など生徒たちには苦しい毎日だったと思いますが、合格の報告をする生徒たちの表情には努力を重ねた者にしか味わえない達成感が見られました。

今は、4月の高校入学に向けて期待に胸を膨らませながら楽しい春休みを過ごしていると思います。

しかし、さらに大学を目指す生徒たちには、高校合格は単なる通過点に過ぎないこともまた事実です。当センターでも3月19日から春期講習を行い、4月2日から高校1年生の授業をスタートさせます。すでに多くの生徒たちが高校の学習を始めています。

高校ではさらに厳しい現実に直面すると思います。その時にあわてないように、今からしっかりと学習しましょう。苦しい勉強に耐えてきたあなた達ならば、必ず大きな未来を切り開けると思います。

さぁ、夢の実現に向けてスタートラインに立ちました!これから訪れる苦難を乗り越えて、絶対に夢をつかみましょう!

学力テスト実施

4月3日(火)に全国学力テストを新中学2・3年生を対象に行います。

各学校で行われる定期テストでは、学校間で難易度の差や、試験範囲に差があるために客観的な学力判断ができません。したがって、生徒たちの本当の力を知ることが実施目的の第一です。次に、当センターでは長年実施してきた過去のデータがそろっているので、志望高校に対する合格判定も正確に出すことができます。テストの結果をもとに、一人ひとりの生徒たちに対する学習指導を、より完全なものにするよう努めていきたいと考えています。

引き落としについて

新スケジュールの開始に伴い、ほとんどのクラスで新しい教材を授業中に配布します。4月の引き落としは次のとおりです。

4月授業料、教材費、施設管理費、学力テスト費です。今月は引き落とし金額が通常より大きいので残高不足にならないようにご注意ください。

知りたい!偉人図鑑「福沢 諭吉」 ~学ぶことの大切さを伝えた~

言論や教育によって近代的な思想を広めた

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずと云えり」。有名な福澤諭吉の『学問のすすめ』の一節です。この本の中で、福澤は「賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとに由て(よりて)出来るものなり」とも言っています。つまり、人間は本来平等であり、身分で差をつけるべきではなく、どれだけ学んだかによって差ができる、ということを伝えています。このように、福澤は生涯をかけて、近代的な思想や、学ぶことの大切さを伝え続けました。

福澤自身が、学問の力によって出世し、世の中に貢献した人です。身分制度の厳しかった時代に下級武士の家に生まれましたが、いち早くオランダ語や英語を学んだことで取り立てられました。やがて、幕府の使節団としてアメリカやヨーロッパに渡るなどして活躍。帰国後は、西洋の事情や近代的な思想を伝える本を書いたり、慶應義塾(今の慶應義塾大学の始まり)を創設するなど、教育活動にも力を注ぎました。

江戸から明治へと変わる激動の時代、武士による争いも絶えませんでしたが、福澤は学問の力を信じていました。旧幕府と新政府の争いで上野が戦場になったとき、三田の慶應義塾にいた福澤は、砲声が聞こえる中でも、熱心に授業を続けたと言います。

新たな一歩を踏み出そう

卒業生の皆さん。合格おめでとうございます。そして、1年以上にもわたる受験勉強本当にお疲れ様でした。4月から始まる新生活は楽しみと不安でいっぱいだと思います。これから皆さんは社会に出て、社会に貢献する人財となっていくのでしょう。今後の活躍を楽しみにしています。

2018年合格大学・専門学校

・北九州市立大学経済学部経済学科
・北九州市立大学外国語学部英米学科
・琉球大学工学部建築学科
・関西大学文学部総合人文学科
・西南学院大学文学部外国語学科
・西南学院大学文学部英文学科
・九州産業大学工学部建築学科
・九州看護福祉大学看護福祉学部看護学科
・純真学園大学保健医療学部看護学科
・大分県立工科短期大学校建築学科
・大分県立芸術短期大学 情報コミュニケーション学科
・高知病院付属看護学校看護学科
・大川看護福祉専門学校看護学科
・藤華医療専門学校理学療法学科
・岡山医療センター付属 岡山看護助産学校看護学科

2018年合格報告会

先月の15日に毎年恒例の合格報告会を行いました。合格した先輩たちを代表して、久保優美花さん、沢田直也くん、宮丸結衣さんが自らの体験をもとに、あけぼのの後輩へ、学習のやり方や合格の秘訣、夢を持つ大切さなどを話してくれました。語ってくれた内容の一部を載せておきます。

久保優美花さんの体験談

久保さんは、入塾当初(高2春)苦手だったにもかかわらず、センター試験で高得点を出せるようになった『英語の学習方法』を語ってくれました。

「高2の秋までに安河内哲也先生の難易度別システム英語『文法編Ⅱ』と『文法編Ⅳ』の授業を速習受講し、文法に対する不安を払拭しました。同時に、『高速基礎マスター講座』でセンターレベルまでの英単語、英熟語を習得し、英語の基礎を固めました。高2の冬に受験した『センター試験同日体験受験』では半年間で得点が倍になりました。そこからは文法や長文の演習を繰り返しました。大きく得点が伸び、安定するようになったのは、塾生みんなで夏休みに行った『センター試験過去問』の英語を10年分やりきったことです。英語を安定させることで、他の科目を重点的に取り組むことができました。」

沢田直也くんの体験談

沢田くんは、『苦手科目の克服方法』と『学習時間の確保』について語ってくれました。

「苦手科目だった英語は、語彙力強化と文法を同時に進め、音読を毎日行いました。古文は、単語帳『ゴロ513』と吉野敬介先生の『センター古文スペシャル』を受講することで知識を定着させました。また、平日は学校が終わったら直接塾に登校、休日は朝から登校して学習時間を確保。『登校率100%』を達成しました。毎日の生活を習慣化してしまえば、全く苦にならず、おかげで1年で、かなりの学習時間を確保できました。」

宮丸結衣さんの体験談

宮丸さんは、センター試験受験時には得意な英語だけでなく、すべての科目に高得点をとれていましたが、高校入学当初は全くちがったそうです。『早期目標設定』と『英語学習』について語ってくれました。

「高1の頃は、行きたい大学や学部もなく、学校の宿題以外何もしていませんでした。しかし、高2で『志望大学』や留学という『夢』が決まったことで、勉強にスイッチが入りました。みんなには早くに明確な目標を見つけてほしいです。東進の今井宏先生の文法演習『C組』と長文読解『B組』は、授業の合間の余談もおもしろく、楽しみながら英語を学習することができました。」

編集後記

自分次第で、世の中の見え方は大きく変わります。



大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。
このページの最上部へ戻る