大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。

大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
  • あけぼの学習センターTEL 0978-32-0123/東進衛星予備校・宇佐校TEL 0978-32-5615/あけぼのイングリッシュセンターTEL 0978-32-0132
大分県宇佐市の学習塾・進学塾・予備校・英会話教室「あけぼの学習センター」
サイト内検索
  • 文字サイズの変更
  • 文字サイズ・小
  • 文字サイズ・中
  • 文字サイズ・大
rss
  • お問い合わせ
  • 交通アクセスのご案内

平成30年2月号の「あけぼの」を発行いたしました。

2018年2月1日 カテゴリー : 月刊「あけぼの」

今月の格言

どんな物事にも、基本や基礎がある。
それをしっかり学んで取り入れて、
そこから先は
自分自身のアイデアや
発想を大切にしてほしい。

プロ棋士 羽生善治

10の220乗のほんのかけら

棋士の羽生善治氏が、将棋界史上初の永世七冠となりました。15歳で史上3人目の中学生プロ棋士になり、19歳で初タイトル獲得、25歳で史上初の七冠制覇と、生きる伝説とも呼ぶべき人が新たな偉業を達成しました。永世七冠を決めた勝利で、公式戦の通算成績は1391勝562敗。勝率は実に7割1分2厘と、驚異的な数字です。

そんな羽生善治氏ですが、永世七冠を決めた直後の記者会見で「本質的にはまだ将棋を何もわかっていない」と話し、周囲を驚かせました。その後の会見でその意味を問われ、「将棋そのものの可能性は10の220乗と言われるほど途方もないもの。子どもの頃からずっと続けていますが、自分がやってきたことは、ほんのひとかけらにもなっていないかも」と淡々とした口調で答えています。

「一局の将棋において、必ず未知の場面、今まで自分が経験したことがない場面に出会う。そういう状況・環境の中で、どれだけのことができるかを問われ続けていると考えています」とも語る羽生氏は、子どもたちへのメッセージとして、次のように話しています。「どんな物事にも、基本や基礎がある。それをしっかり学んで取り入れて、そこから先は自分自身のアイデアや発想を大切にしてほしい」

この言葉はまさに、未来のリーダーを目指して努力している子どもたちに、私たちが贈りたい言葉です。やはり、天才恐るべし、です。

兄弟姉妹特典

当塾には在塾生の兄弟姉妹が入塾する際、兄弟姉妹特典があります。
1、在籍生の兄弟姉妹は、入会金が免除になります。
2、在籍生の弟または妹の授業料は、1割引とします。
在籍生の兄弟姉妹がいる方で通塾希望の方がいれば、是非お声をかけてください。新学年のスタートは4月からです。

※当塾生の弟妹が東進生になった場合は、東進での授業料は特典の対象にはなりません。
※兄姉が退塾した場合は、弟妹の授業料は通常料金となります。

入試を意識した勉強法

○過去問の活用

冬期講習でも扱い、いろんな話をしましたが、大分県の過去の入試問題を解くと、学力向上だけでなく傾向を知ることができます。具体的には、問題の出題傾向、配点率、難易度などを実感するでしょう。

中学校の内容は一通りおさえておくべきですが、過去の傾向と自分の学力を比較し、重点的に勉強する部分を探ることは、計画的な学習につながるでしょう。

○タイマーの活用

タイマーの使用により、勉強の効率を上げる面があります。だらだらと勉強をするのではなくメリハリをつけた勉強時間は集中力アップが見込めるし、息抜きのタイミングもつかみやすくなります。また、入試には時間制限があるため、その対策も必要です。制限時間があるという状況に慣れておくことは、入試当日をうまく乗り切るためにも有効でしょう。

時には『設定した課題をクリアするまでは続ける』といった方法が大きな力になることもありますが、その際はタイマーで終わるまでの時間を計れば、現在の実力を知るひとつの目安にもなります。

冬期講習修了、そして公立高校入試まで残り一ヶ月

先月、9日間の冬期講習も終わりましたが、ちゃんと復習は出来たでしょうか?この時期に勉強をさぼったり、眠いから明日するなど弱音を言ってはダメです。受験生全員がきついのです。ここで勉強をやめてしまったら当然他の生徒と差が出てくるし、今までやってきたことが全て無駄になってしまいます。一度差がつくと追い付くのに時間がかかります。逆に言えば、勉強をさぼらなければ他の生徒に差をつける事が出来るという事です。入試では1点勝負です。どれだけ多くの点数を取れるのかは、個人の努力次第です。気を抜かずに最後まで全力で取り組みましょう。単語や地名など、1つ覚えたら1点上がるという気持ちでやっていきましょう。 

これからの学習方法として、成績が伸びた科目は、確実に自分のものに出来る(定着させる)事を心がけて最終チェックをしましょう。定着させた科目は、入試で大きな自信になり有利になる事は間違いありません。そのまま勉強をし続けて下さい。また、余裕があるなら応用問題に力を入れましょう。

伸び悩んでいる科目がある場合は、早急にやりましょう。不得意科目があるまま入試を受けることは絶対にしてはいけません。他の生徒と差が出る事はもちろんですが、入試で予想以上に点が取れず、その事が尾を引いて他科目にも悪い影響が出てしまうからです。また高校に合格した後でもついていけなくなります。

毎日が不安にかられる日々だと思います。その不安を消すのは「信じられる自分」を作り出す事です。入試は自分自身との戦いでもあります。自分が入学したい高校なら、それ相応の努力が必要です。

全員が合格すると本人はもちろん、保護者の方々・先生達みんながハッピーになります。春先に全員で大笑いしましょう。

AKEBONO ENGLISH NEWS

Speaking Class

Speaking Classも始まって3年目に突入しました。 1年生だった子ももう受験生です! 授業では、積極的に英語を使い、自分の考えを表現できるよう「話す」 「書く」ことを目的としています。 現在は2人ペアになり30秒間決められたフレーズで会話をします。 (ex: Do you like ~?? / Why do you like ~??) 簡単そうですが、意外に自分の意見を相手に、それも英語で伝えることは大変です。 初めは30秒オーバーになったり、単語が出て来ずつい日本語ではなしたり…。 しかし今では30秒間ずっと会話を繰り返し、中には冗談を言ったりする子もいて、成長を感じます。 何度も繰り返すことで会話になれ、苦手な英語を話す恥ずかしさも全く見られません。皆英語を話すことをとても楽しんでいます♪

 

 

Thank you for coming to Christmas party!

昨年、12月19日にあけぼのクリスマスパーティーを行いました。今回は低・高学年に分かれてツリー作り♪中学生、保護者の方々に手伝ってもらい、可愛いツリーが出来ました♡ご協力ありがとうございました!!そして今年もダスティン先生の手作りケーキです☺

 


センター試験実施される!

国語・数学ⅡB・理科基礎・世界史で全国平均点を上まわる!

先月13日(土)・14日(日)に約58万人の受験生が全国各地で一斉に「大学入試センター試験」を受験しました。当塾の受験生の結果は下記のとおりです。

国語・数学ⅡB・理科基礎・世界史では全国平均点を超えることはできました。特に、数学ⅡB・世界史では全国平均点を6点以上超えることができ、これまでの勉強の成果がでたことに、ほっとしています。逆に化学、物理、日本史、地理、では全国平均点を大きく下回ってしまい残念な結果となりました。

また、センター試験当日には、あけぼの学習センターの高1・2生にも実施されたばかりのセンター試験を体験してもらいました。どのように感じたでしょうか。

最新の大学入試を知り、現在の自分の実力を客観的に図る絶好のチャンスだったと思います。特に高2生に関しては、この日にセンター試験まで残り1年を切りました。自分の学力の伸びをはかる「学力のものさし」として活用し、第一志望校合格までの学習計画を立ててください。英語の学習アドバイスを簡単にしておきます。

学年

英語

国語 数学 理科 社会
筆記 リスニング 現古漢 ⅠA ⅡB

生物

化学 物理 理科
基礎

世界史

日本史 地理 公民

当校
高3生

124 23 106 62 60 27 45 35 78 51 43 52

当校
高2生

56 16 76 32 23 24 23 27 20 30 36 34

当校
高1生

48 16 56 25

全国
受験生

125 23 105 62 51 61 61 62 34 68 62 68 58

満点

200 50 200 100 100 100 100 100 50 100 100 100 100


センター試験英語の学習アドバイス

『発音・アクセント』対策としては、ネイティブ音声教材を最大限活用して、耳を使って覚えることを習慣化しましょう。英単語を暗記する際には、ネイティブ音声教材を聴いて聞こえた音と同じように音読をし、単語の意味はもちろん、正しい発音やアクセントも一緒に覚えましょう。また、発音・アクセントのパターンを知ることも効果的です。

『文法・語法』問題については、英語の基礎力を試す問題が万遍なく出題されます。対策が比較的おろそかになりがちなのが、単語・熟語など語彙や語法に関する分野です。センター試験では、語法に関する問題が文法と同程度かそれ以上の比重で出題されるということをしっかり認識して、日頃から語彙力・語法の強化に努めましょう。

『整序英作文』問題では語法・文法の知識を正しく運用する力が試されます。日頃から英文の構造(主語・述語・修飾関係など)に注意をして英文を読むことが大切です。

センター試験では、制限時間内で多くの英文を読み解く力が求められます。英文には難解な語彙や構文は出されませんが、制限時間内で正確に文章を読み問題を解く速読速解力を高める訓練が必要です。文脈からその意味を推測する力も試されます。これらの力を身につける為には内容を理解した英文を音読することを習慣化し、英語の語順で文章の内容を理解する力をつけることや、普段から段落やパートごとの主旨を簡潔にまとめる訓練を積んでおくことで、読解力が養われます。

編集後記

成功できる人とは、
最後まで
あきらめずに
努力できる人だ。



大分県宇佐市の学習塾(進学塾)・予備校・英会話教室「あけぼのグループ」では小学生・中学生・高校生の進学と受験合格のために頑張る子どもたちを応援します。
このページの最上部へ戻る